Baa Baa Blacksheeps

 

Baa Baa Blacksheeps
心臓音にも似たドラムとベースのグルーヴ、そのタイトさとうねりが感じさせる命の鼓動。
その上で踊る、もはや“感情”としか言いようがない、不安、哀しみ、怒り、喜びを包括したギターサウンド。
優しさの中にも棘のある歌声、何よりも胸の内側を抉るような繊細な言葉の数々が描き出すのは、リアルな人間の静かな叫び。
BAA BAA BLACKSHEEPSというひとつの生物の紡ぐ命が今、音に乗って確かに動き始めている。
京都から生まれた、正と負のどちらも兼ね備えた新生代エモーショナルロックバンド。